## JavaScript を有効にしてください ##
スマホいじりは飽きました baksmali smali - deodex odex の編集
サイトマップ

サイトマップを表示する

カテゴリ
リンク
カラーピッカーを無効化し10進数に戻す - BB13#0.9bNEXT
PREVT-01C_TestOdexForBB13#0.9b

baksmali smali - deodex odex の編集

## JavaScript を有効にしてください ##
 現在ブラウザの設定で JavaScript が使用できない状態になっています
 当ブログは JavaScript を多数使用している為正しく表示することができません

## JavaScript を有効にしてください ##
ex) services.odex
   C:¥ で作業することを前提に話を進める

[[ 事前準備 ]]
ダウンロード
[ PCで使用 ]
 7za.exe
  ⇒  T-01C_TestOdexForBB1 シリーズに同梱 or これとか
or
 7z.exe
  ⇒ 7z920.exe
 smali.jar
  ⇒ smali-1.2.6.jar  (最新版不可)
 baksmali.jar
  ⇒ baksmali-1.2.6.jar  (最新版不可)
 それぞれ -1.2.6 を省き
  smali.jar / baksmali.jar
 にリネーム
Android スマートフォン カスタマイズ カスタムカーネル root CWM オーバークロック 376氏 APKTools ApkManager ApkMultiTool 日本語 改造 文鎮 regza T-01C T-01D T-02D T-01E ドコモ au IS04 softbank iPhone4 iPhone5

[ スマートフォンで使用 ]
 dexopt-wrapper
  ⇒ dexopt-wrapper.zip or これとか
 解凍後端末の所定場所に送り実行権限付与
  ⇒ USBケーブルで繋ぐ USBデバッグ - チェック

C:¥>adb root
C:¥>adb shell mount -o rw,remount /system /system
C:¥>adb push dexopt-wrapper /system/framework/
C:¥>adb shell chmod 755 /system/framework/dexopt-wrapper

[ 必要なファイルをPCにダウンロード ]
C:¥>adb pull /system/framework/android.policy.odex
C:¥>adb pull /system/framework/core.odex
C:¥>adb pull /system/framework/ext.odex
C:¥>adb pull /system/framework/framework.odex
C:¥>adb pull /system/framework/services.odex
C:¥>adb pull /system/framework/services.jar

[ PCにコピーをとる ]
C:¥>copy services.odex org.services.odex
C:¥>copy services.jar org.services.jar


要root化 ⇒ root化するには
[[ 動作確認端末 ]]
 REGZA Phone T-01C
  OS: Android v2.2.2 (Froyo rom)
  ベースバンドバージョン : 5014.1906.13
  カスタムカーネル: T01C_FFY02_11_TEST_7
  クロック/電圧: 128MHz/880mV ~ 1344MHz/1300mV
  適応パッチ: T-01C_TestOdexForBB13#0.9b


[[ 作業開始 ]]
services ディレクトリに services.odex の内容を展開
C:¥>java -jar baksmali.jar -x services.odex -o services


ソース編集後 classed.dex 作成
C:¥>java -jar smali.jar services -o classes.dex

services.jar 内のカレントに classes.dex を入れる
C:¥>7za.exe a -tzip -mx0 services.jar classes.dex
 or
C:¥>7z.exe a -tzip -mx0 services.jar classes.dex

[ スマートフォンにコピー ]
C:¥>adb push services.jar /system/framework/services.jar
C:¥>adb push org.services.odex /system/framework/org.services.odex

[ スマートフォンで services.jar から patched.odex を作成 ]
C:¥>adb shell
# stop
# cd /system/framework
# ./dexopt-wrapper services.jar patched.odex /system/framework/core.jar:/system/framework/ext.jar:/system/framework/framework.jar:/system/framework/android.policy.jar:/system/framework/services.jar

[ patched.odex に署名 (署名部分のみ org よりコピー) ]
# busybox dd if=org.services.odex of=patched.odex bs=1 count=20 skip=52 seek=52 conv=notrunc

[ 出来上がった patched.odex を services.odex に ]
# busybox dd if=patched.odex of=services.odex
# exit
C:¥>

[ services.jar をオリジナルに戻す ]
C:¥>adb push org.services.jar /system/framework/services.jar

[ 再起動 ]
C:¥>adb shell reboot


[ 再起動後問題なければ不要なものを T-01C から削除 ]
C:¥>adb shell
# rm /system/framework/org.services.odex
# rm /system/framework/patched.odex



関連記事



テーマ : スマートフォン - ジャンル : 携帯電話・PHS