## JavaScript を有効にしてください ##
826askaさんがホームページを開設 電源が入らなくなった SO-02E を復旧
サイトマップ

サイトマップを表示する

カテゴリ
リンク
ThinkPad リカバリー ヒント集 メニューNEXT
PREVSO-02Eをprerooted.zipによりAndroid 5.1.1+rooted

電源が入らなくなった SO-02E を復旧

## JavaScript を有効にしてください ##
 現在ブラウザの設定で JavaScript が使用できない状態になっています
 当ブログは JavaScript を多数使用している為正しく表示することができません

## JavaScript を有効にしてください ##
Flashtool で書き損じのために電源はおろか充電LEDさえ点かなくなり ADB や Flashtool
も一切受け付けなくなった状態 (Hard Brick) から復旧させる
 = 書き損じによりグチャグチャになった領域を書き戻す


[[ あったら便利なもの ]]
  171-001.png
 バックカバーを外すための道具
  吸盤
   → バックカバーを浮かす(剥がす)のに便利
  ピック・竹ベラなど
   = カバーと本体を傷つけないよう非金属でやや柔らかい材質が好ましい

 バックカバー用両面粘着テープ
  171-014.png  171-015.png
   → バックカバーと両面粘着テープが上手く剥がせれば見た目上は不要
    → 防水性は未知数なので用意しとくに損はない(!?)

 両面粘着テープを剥がしやすくする
  = ドライヤー
  ✕ ヒートガン (熱量が強すぎる為カバーの変形をまねく)Android スマートフォン カスタマイズ カスタムカーネル root CWM オーバークロック 376氏 APKTools ApkManager ApkMultiTool rootkit 日本語 改造 文鎮 XPERIA arc HD Z SO-03D SO-04D SO-02E REGZA T-01C T-01D T-02D T-01E docomo ドコモ au IS04 softbank iPhone4 iPhone5 iPhone6

[[ 用意するもの ]]
 端子間を短絡 (ショート) させるための道通する金属
  = 事務用のクリップなど
     171-013.png
 ドライバ
  = ggsetup-3.0.0.7.exe
 ツール
  = s1tool 6II2015.exe
 書き込むファイル
  = Bic-C6603.SIN_FILE_SET.7z
   → DL後 7z などで解凍 (boot.zip は解凍不要)
     171-002.png              171-003.png
     Bic-C6603.SIN_FILE_SET.7zの中身    boot.zipの中身


[[ 復旧準備 ]]
 バックカバーを剥がす
   


[[ 復旧手順 ]]
 1.ドライバをインストール
    = ggsetup-3.0.0.7.exe
      → まだ SO-02E と PC は接続しない

 2.SO-02E の バッテリ端子 をはずす
    171-004.png

 3.テストポイント と グランド(アース) をクリップなどで短絡(ショート)

 4.クリップなどで短絡(ショート)させたまま バッテリー端子 を接続
    → 電源ボタンを押したままクリップなどを離す
       = エマージェンシーモード に突入

 5.SO-02E と PC を USBケーブル で繋ぐ
    → デバイスマネージャで次のように認識したか確認
        171-007.png

       ✕   171-006.png     171-005.png
               ドライバ違い        ドライバ未インストール
         = [ドライバの更新] を試みる
           → [ ZUES Flash Device ] として認識できない際には
              Qualcomm HS-USB QDLoader 9008 2.1.0.5.zip
             を試す

   s1tool 6II2015.exeツール は上記の様に認識しないと使えない
   ※ この段階で PC が何の反応も示さない場合は復旧の見込みは・・・


 6.s1tool 6II2015.exe を起動し [S1 EMERGENCY MODE] にする
    → [FLASH] を押す
    171-008.png

 7.指示に従って
    → USBケーブル を PC から外す
      バッテリ端子を外す
      テストポイント と グランド(アース) をクリップなどで短絡(ショート)
       (次の手順8.で指示があるまで離さない)
      [Testpoint READY]
を押す
      USBケーブル を PC に接続
    171-009.png

 8.[ REMOVE TESTPOINT NOW, THEN PRESS "READY" ] が表示されたら
    → クリップなど を離しstrong>[Testpoint READY] を押す
    171-010.png
       → 途中でドライバ [ SOMC Flash Device ] が勝手にインストールされた
       171-011.png

 9.[ FINISHED ] という表示が出れば書き込み完了
    171-012.png

 10.バックカバーを閉じる
     → 両面粘着テープを張替えた方が望ましい



沙綺さんに感謝



テーマ : XPERIA - ジャンル : 携帯電話・PHS